東京喰種の実写映画の続編に窪田正孝がコメント

2017年7月29日公開の映画「東京喰種(トウキョウグール)」

人肉を食べて生きる怪人「喰種(グール)」がはびこる東京を舞台に、喰種(グール)に襲われて半喰種になった主人公・金木の葛藤と戦いを描いた人気SFサスペンスです。

根強いファンの多いコミックの実写化とあって関心が高まっています!

そんな中、主人公・金木役の窪田正孝さんが早くも映画の続編に期待を持てるコメントを発表しています。

東京喰種(トウキョウグール)とは?

出典 オレ的ゲーム速報@刃

東京喰種は、累計3000万部を超える人気コミックです。

ごく普通の大学生・金木研(かねきけん)は、趣味の読書を通じて知り合ったリゼという女性とデートすることに。

おしとやかで可愛らしい彼女とのひとときを楽しんでいた金木でしたが、実はリゼは「喰種(グール)」とよばれる人を喰らう怪人だったのです。

突如、リゼに襲われて絶体絶命のピンチを迎えた金木でしたが、たまたま工事現場の事故に巻き込まれ、リゼもろとも負傷。

病院へ運び込まれました。彼の命を救うため、医師は瀕死状態のリゼから臓器が移植することに。

こうして体の一部が「喰種(グール)」となってしまった金木の葛藤の日々が始まります…。

半喰種になった主人公・金木の葛藤と戦いの物語は必見です。

イベントで窪田正孝がコメント

20日に都内で実写版「東京喰種」の公開直前イベントが行われました。

来場したファンは、映画のキーアイテムであるマスクの着用が義務付けられ、辺りは異様な雰囲気に包まれていました。

窪田さんは「漫画の世界をドラマにおこすには、でき上がったものを見てもらうしかない。保守的な役なので極力自分を消す作業から始めた。周りの個性的な皆さんにつくってもらったところもある」と今回の役柄を説明。

続編に期待をよせるコメントとしては「エンターテインメントとしてはもちろん楽しめるし、人間の本質に突き付けてくるメッセージもある。次の可能性を皆さんにも想像してもらって、たくさんの方に広げてほしい」と、意欲を見せています。

今作の予告映像はこちら。

アニメ版の東京喰種では第2弾の公開されていて、原作でも続編である「東京喰種:re」が連載中なので、映画も反響次第では充分に続編の制作も見込めます。

そのためにも、劇場へ足を運んでいかなる仕上がりになっているのかこの目で確かめるとしましょう。

ちなみに映画、東京喰種のキャストはこちら。

ネットの声は?

「窪田さんの演技めちゃくちゃ凄い。
人柄もすき」

「reが、微妙らしいからな~(´・ω・`)

続編云々より、reを面白くすれば良かったのに(笑)」

「リアル喰種、千眼美子は続編に出るのか?」

窪田正孝さんは過去にも少年マンガ原作の主人公を演じたことがあり「デスノート」の主人公、夜神月(やがみ らいと)を務めた際は大きな反響と称賛がありました。

果たして今回の東京喰種では、どんな演技を見せてくれるのか楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加