ONE PIECE(ワンピース)実写!ハリウッドでテレビドラマ化が決定!

世界的な人気を誇るマンガ「ONE PIECE」はこれまで数多く実写の噂がたっては消えを繰り返していました。

最近では、ワンピースが実写化するなら主人公のルフィ役は誰がいいかというランキングで、俳優の窪田正孝さんが選ばれて話題となっています。

出典 芸能ニュース.jp

しかし7月21日、とうとう正式にテレビドラマ化がされることが発表されました。

感慨深いと同時にドラゴンボールのように実写に失敗しないかも不安です。

でも気になるものは気になりますので早速見ていきましょう。

ハリウッドでテレビドラマ化

出典 ケンボーのブログ – FC2

ONE PIECEは日本での映画化ではなく、映画のメッカ、ハリウッドでテレビドラマ化されることが発表されました。

ONE PIECEほどスケールが大きいと実写化するのはとてつもない費用がかかると思われます。

ラブコメのように女優と俳優をちちくり合わせていれば良いわけではないのです。

どこで発表されたの?

場所は東京・芝公園の「東京ワンピースタワー ONE PIECE LIVE ATTRACTION」にて開催された「週刊少年ジャンプ」連載20周年記念イベントにて同誌の中野博之編集長から発表されました。

ONE PIECEは、人気ドラマ「プリズン・ブレイク」などを手がけたマーティ・アデルスタイン氏率いるトゥモロースタジオの制作で海外ドラマ化されるとのこと。

中野編集長は「テレビシリーズの実写化が一番『ONE PIECE』にふさわしい」と誇らしげに語ります。

そりゃ嬉しくなかったら編集長やってないですよね、本当におめでとうございます。

マーティ・アデルスタインのコメント

マーティ・アデルスタイン氏は以下のようにコメントしています。

私は20年にわたる『ONE PIECE』のファンです。
今回、大切な作品を集英社と尾田氏が託してくれたことを光栄に思います。
私の持っている全てを掛けて『ONE PIECE』のシリーズを絶対に成功させる意気込みです。
今作品は、テレビドラマ史上、最も制作費がかかる作品になると思う。
そして世界中の注目度を考えると、このような規模の制作費を投じる価値がある。

熱い想いのこもったコメントに思わず期待も高まります。

正直、ONE PIECEを実写化させるにあたってこの上ない環境ではないでしょうか。

最高の出来を楽しみに待ちましょう。

尾田栄一郎のコメント

イベントでは原作者の尾田栄一郎さんからのコメントも寄せられました。

20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。
僕が実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前、
紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど20周年を
迎える今日、その製作発表に至ったのは
実は偶然であり、とても嬉しく思います。
まず「20年間作品を支えてくれているファンを
絶対に裏切らない事。」これが僕からの条件です。
不安の声もあがるでしょうが
どうか期待の声をください。
そして胸を躍らせ、続報をお待ちください。
お楽しみに!!
尾田栄一郎

ファンを絶対に裏切らない事を絶対の条件にしている、という言葉を聞いたとき「失敗したらイメージが崩れて嫌だな」という不安が晴れた気持ちになりました。

本当にカッコイイですね!

続報を心待ちにしながら、ファンとして作品の成功を応援したいと思います。

ONE PIECE実写にネットの声は?

「これはアカン」

「嫌な予感しかしない」

「もういい加減、漫画の実写化やめようよ」

「歌舞伎と同様、別物と考えます。」

「ゴムゴムの実を食べたゴム人間なんてどうやって実写化するんやろ。
結局CG頼りのクソ作品になりそう。」

「ドラゴンボールの二の舞になりませんように」

「ルフィが英語しゃべってるってだけで違和感アリアリ」

「主要女性キャラクターはほとんどがJカップの超爆乳ばかり。そんなに爆乳美女をたくさん集められるかな?」

「日本でやるよりは遥かに期待できる」

「怖いけど信じる! 麦わらの一味なら仲間を信じると思うから!!」

などなど、期待と不安の入り混じった、卒業式のようなコメントが寄せられています。

企画はもう始まっていますし、怖くても止めることはできません。

ならば、この地球上で最も高い完成度で仕上げてくれるよう応援しながら、出来上がりを楽しみにするとしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加