【画像】ヘルメスエンターテイメント社長の佐藤弘樹を逮捕!その理由は?

7月31日、芸能事務所の社長が、声優志望の30代の女性を強姦し金を奪ったとして逮捕されました。

人の夢を食い物にしたあげく、乱暴を行い金をも奪い去る極悪非道っぷりに非難が殺到しています。

事件の詳細は?

佐藤容疑者は非常に自尊心の強い性格で有名だったそうで、周囲から反発の声があるとすぐにキレて怒りをあらわにする性格だったそうです。

すぐにキレる人は心に余裕がなく、自分に自身がないことが多いため、周囲に力を誇示する傾向があり、今回の事件もその性格が転じて起きたのではないかと推測されます。

では、現場ではどんなことが行われたのか見ていきましょう。

声優志望の女性を乱暴し金を奪ったとして、警視庁杉並署は31日、強姦致傷と強盗の疑いで、芸能プロダクション「ヘルメス・エンターテイメント」社長佐藤弘樹容疑者(33)=東京都杉並区=を再逮捕した。佐藤容疑者は、事件の関与について「弁護士と話してから」と述べている。

逮捕容疑は5月26日、自宅兼会社の事務室で、声優志望の30代の女性を乱暴して軽傷を負わせた上、近くのコンビニで現金10万円を引き出させて奪った疑い。

佐藤容疑者は6月、タレント志望の別の女性に契約書を書かせようとしたとして強要容疑で逮捕され、この女性に対する強姦と強盗未遂罪で起訴されている。

本当に卑劣な犯行ですね。

女性の心も体も傷つけ、夢とお金を奪うなど、自己欲求のレベルがサル以下の純然たるゲス野郎です。

厳正なる処罰を受ける他にないでしょう。

佐藤弘樹の顔写真や人物像

出典 佐藤弘樹Facebook

佐藤弘樹Facebookはこちら

今回佐藤弘樹容疑者が逮捕されたのが7月31日ですが、実は2017年6月にも逮捕されていることがわかりました。

当時は、タレント志望の女性に対して無理やり契約書にサインをさせようとし強要の容疑で逮捕されました。

さらにタレント志望女性の証言で、強姦と強盗未遂の容疑も発覚し、こちらはすでに起訴されています。

私利私欲で動く野蛮な性格は今に始まったことではないので、今後余罪が出てくる可能性は十分に高いでしょう。

佐藤容疑者が代表を務めていたヘルメスエンターテイメントの評判ですが、とても悪評が高く、会社の社員の人間性にも問題が指摘されています。

いくつか例を上げると「社長は実は俳優で〜社長のお父さんも俳優らしいですよ〜」と胡散臭い自慢話ばかりされたり、なんの前触れもなく突然業務放棄したり、とにかく雰囲気が悪いそうです。

中には「有限会社ヘルメス・エンターテイメントという芸能事務所に所属している者です。 ギャラの安さに驚いてしまいました。」という声も聞かれました。

悪質なことに、看板では芸能事務所を謳っていますが、どうやらエキストラの事務所だということで、タレント・女優・俳優などになれる事務所ではないようです。

こんな会社が世に蔓延っているのが正直に不快ですが、社長の佐藤容疑者の逮捕をきっかけに少しでも社会の害が消えることを願います。

佐藤弘樹を逮捕にネットの声は?

「去勢したったらいいのに」

「氷山の一角では?」

「余罪だらけだろな」

「悪質な声掛けをやってる事務所のようですが、事務所が取ってくる仕事の実績はただのエキストラしかないようです。とても声優仕事がやってくるような事務所ではありませんね。実際聞いたことありませんし。」

「事務所名、加害者名を出すことによって、多少の抑止効果になる」

「30過ぎで声優志望…
どちらにしてもこの事務所は、ベースがAVの事務所なんだろう。隠れ蓑でモデルやその他の仕事も扱っているところが多いと聞くし。」

「被害女性も、一度、面接に行ってみて「この事務所は怪しい!」と感じたから、断りに行ったのでしょうね。
事前に聞いていない多額の紹介料を脅し取られるなんてことも、普通はないことです。」

まだまだ世の中には、ヘルメスエンターテイメントに似た悪質な会社が多くの存在しているのも確かです。

その多くは、人の夢や思いを食い物にして、一部の人間が搾取する構造になっています。

このような私欲にまみれた本能むき出しのサル企業に関わらないよう、最低限のリテラシーを持っておくと、自分も周りも助けることができます。

こんな企業を栄えさせないためにも、1人でも多くの方にこういった企業の存在も認知して欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加