小山ひかるや美容系ライターと雨上がり宮迫博之が複数不倫は本当?

「アメトーーク!」や「行列のできる法律相談所」など、多くのレギュラー番組を抱えるお笑い芸人の雨上がり決死隊・宮迫博之さん(47)に小山ひかるさんなど複数の女性との不倫疑惑があることが「週刊文春」の取材で判明しました。

この報道は真実なのでしょうか?

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク




不倫現場は?

2012年に胃がんを克服した宮迫さんでしたが、復帰後、バラエティ番組で妻からの手紙が披露された際には「本当に感謝しています」と涙ぐみ、家族への感謝を口にしていました。

愛妻家というよりは恐妻家で知られる宮迫さんですが、都内の高級ホテルで2人の女性と交互に密会していたのです。

奥さんが噂通り鬼のような方なら、宮迫さんは首を取られても不思議ではなく、命の危機と言えます。

女性の1人はモデルの小山ひかるさん(26)。

7月14日深夜、宮迫と小山の2人は常に時間差で行動する厳戒態勢のもと、都内の高級ホテルで約10時間、同じ部屋で一緒に過ごしました。

その翌週も2人は同様にホテルでの逢瀬を重ねていたとのことです。

状況から察するに、2人の関係は「その場の雰囲気に流されただけ」という軽いものではなさそうです。

さらに、もう1人は竹内結子似の30代美容系ライターA子さん。

7月25日の深夜、宮迫は小山と宿泊したのと同じ都内の高級ホテルでA子さんと密会していました。

宮迫に真相を聞くべく、週刊文春の取材班は宮迫本人を大胆にも直撃しています。

宮迫は「お友達ですね」としつつも、記者が「本当に真っ白(潔白)ですか?」と聞くと、「えー、オフホワイトです」とほんのり濁した回答。

さらに「オフホワイトはちょっと色かかっていますけど」と尋ねると、「はい。……オフホワイトで」とコメントしました。

小山さんは「ホテルに行ったことはありません」、A子さんは「肉体関係は否定させてください」と答えています。

8月9日発売の「週刊文春」では、密会現場の写真とともに恐妻家としても知られる宮迫本人のコメントなどを詳報。

さらに、8月9日午前5時より「週刊文春デジタル」では、宮迫と女性たちの密会現場を撮影した“ホテル密会編”と宮迫本人に真相を直撃取材した“直撃編”の2本の動画を公開する予定です。

この報道は現行犯とも言えるほどに現場を抑えられてしまったので、誰もが納得する反論を宮迫さんが繰り出すことは困難と思われます。

今後の宮迫さんのテレビ出演にどう関わってくるかは、週刊文春を読んでから推察する必要がありますね。

小山ひかるとは?

宮迫さんの不倫相手とされる、小山ひかるさんの顔写真はこちらです。

出典 アメーバブログ

目鼻立ちのくっきりした大人っぽい美女ですね。

小山さんは、京都出身で1991年生まれの26歳。

163cmのモデル兼J-pop歌手です。

小山さんに関して「ホテルに行ったことはありません」と不倫は否定しておりますが、状況は苦しいですね。

このまま不倫が確定しただけでも「嫁バレ」が非常に危険な宮迫博之さんですが、さらにもう一人「美容系ライター」との不倫も発覚しています。

宮迫の不倫相手、30代美容系ライターとは?

もう一人との不倫疑惑が報じられているのが「30代の美容系ライターA子」さん。

竹内結子さん似の美容系ライターといえば、あの有名出版社のブログメディアでも過去に執筆していたあの人の可能性も大きいです。

美容系ライターは美人なタイプが多く、ほとんどの美容系ライターが「顔出し」でブログメディアに寄稿しています。

とにかく美人好きの宮迫さんなので、顔出しで美人系ともなればある程度の特定されてしまいそうですね。

もちろん、宮迫さん自身が「オフホワイト」と真っ白ではないことを発言していますので、混じった黒色の部分がハッキリした頃には、宮迫嫁はどんな手を使ってしばくのかも見てみたいところです。

美容系ライターA子さんは「肉体関係は否定させてください」としていますが、宮迫さんによると「オフホワイト」なので、肉体関係はない可能性も微々たるものですがありますね。

実は宮迫さんが最も名を知られたくない可能性が高いのが、美容系ライターA子さんの方です。

理由は、その美容系ライターA子さんが「既婚者」という線が強いからです。

美容系ライターA子さん=Tという可能性は低いかもしれませんが、もし美容系ライターが“既婚”だとW不倫になってしまうので、宮迫さんサイドとしては「肉体関係はなし」と断言せざるを得ませんね。

もともと不倫癖がある宮迫さん、やはり不倫グセのある男性は、不倫を繰り返してしまうのでしょうか?

宮迫の小山ひかるや美容系ライターとの不倫にネットの声は?

「ダメやん宮迫これは・・・・闘病を支えた奥さんが気の毒すぎるわ・・・見損なったで・・・・」

「普段浮気ネタをしているけど、本当に不倫してるとは思わなかった…。

あのネタではもう笑えないかも。」

「こいつ、昔も不倫撮られてるよな。松本とかと合コンしてる時にコンビニでコンドーム買ってるとこも撮られてたよな、確か。女を性欲処理の道具としか見てないんだろうね。」

「芸人だから一個人の問題。ただ、イメージ商売だから、仕事は減る。自業自得。
議員は国民の代表だから論外。」

「奥さんが、リビングのソファから動かない等々
よくTVで、わざわざ奥さんの悪口を言うよなと思ってたけど
自分は、浮気に不倫三昧では仕方がない。
奥さんに離婚訴訟でも起こされた場合の印象が少しでも
マシになるようにとの狙いがあったのか?とでも思えるほどの
完全に、不倫したら文春に狙われるのは分かっててやるという
サルだから我慢出来ないですみたいな行動は呆れるばかり。
奥さんと子供が可哀そうだ。」

「宮迫が不倫と聞いてもまったく驚かないよ 昔から奥さんに隠れて遊んでたじゃん」

「宮迫これでいじるネタ出来たやん良かったな」

「バイキングで坂上忍に宮迫が攻められるだけやん」

「不倫ネタになると、相手のtwitterにみんなコメントするの好き。宮迫の相手の小山ひかる

国会議員の不倫と違って、みんな全くダメージを受けていないもようですね(笑)

一度うわさが立ってしまうと、真偽はともかく仕事への影響は避けられません。

今の課題は、とにかく炎上を避けて極力丸くことを収めるくらいでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする