牛乳石鹸のCM動画とポスター画像が炎上!理由はなぜ?

2017年8月15日、牛乳石鹸のウェブCMが話題になっています。

牛乳石鹸の WEBムービー「与えるもの」篇

出演している俳優さんは新井浩文さん。

このCMがなぜ話題となり炎上騒ぎにまで発展しているのか?

CMのメッセージとして何が伝えたいのかなど、動画や画像を見ながら考察をまとめていきます。

牛乳石鹸のCM

いかがでしたか?

牛乳石鹸によると、父と子の絆、とある男のなんでもない1日の物語。

何でもない日常の中にある疑問や葛藤を描く。

昔気質で頑固な父親に育てられ、反面教師にすることで今の幸せを手にした彼。

「家族思いの優しいパパ」。

でも、このままでいいのだろうか。ふとそんな疑問を抱く。

それでも、お風呂に入り、リセットし、自分を肯定して、また明日へ向かっていく。

そんながんばるお父さんたちを応援するムービーなのだそうです。

牛乳石鹼のホームページも気になる方はこちらからどうぞ。

参考:牛乳石鹼ホームページ

正直な感想を言えば、仕事や家庭に漠然ととした不満を抱えたまま生きる父親の日常を描いた、盛り上がりもなく救いもなければ解決もない動画でした。

炎上する利用がイマイチわかりませんが、これには賛否がある模様。

言いたいことは分かるけど「だからなんだよ、何がしたいんだ?」というのが多くの見られる感想です。

感情移入すれば「ああ、わかるなあ、ダメな事だと分かっているけど、そうしてしまうこともあるよね、うんうん。」となりますが、それは見ている人が同じような立場ならではでしょう。

主婦からみれば「馬鹿じゃねぇの?ふざけんな。」でしょうし、一昔前の昭和のお父さんからすれば「情けなか・・・。」という感想を持ちそうです。

その意味ではそれぞれの論理がぶつかるところであり、感想に対して賛否が起きるのは分かる気がします。

牛乳石鹼のポスター

白黒写真に赤文字で「今日も若手社員を泣かせてしまって、自責の念でいっぱいです。さ、洗い流そ。」はちょっとホラーの匂いがしますね(笑)

夏にピッタリのテイスティングですが、石鹼のポスターとして相応しいかは議論が必要です。

ヒマワリのような弾ける笑顔で、「若手社員を泣かせて自責の念でいっぱいです。」と言われても愉快犯ですか?とツッコまざるを得ません。

あなたはポスターを見てどのように受け取りましたか?

サイコパス、狂人、メンヘラを連想させる猟奇的な雰囲気を感じる人も多いみたいです。

いずれにせよ、これらCMとポスターを発表した牛乳石鹼の行く末は、洗い立ての体のようにクリーンなものではないでしょう。

牛乳石鹼のCMとポスターにネットの声は?

見ている人の境遇や性別、年代によって様々な見え方をするCMは確かに面白いですね。

現代社会で仕事や家庭を持つお父さんの日常はリアルで、流行りのイクメンみたいな「優しくて家族思いな理想の父親」になれない自分がいて、親としての自分をまだ探っているようにも見えます。

仕事も大切、家族も大切、自分も大切。

優先順位の付かない男の葛藤は、この先も続きそうです。

さ、洗い流そ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加