タッキーこと滝沢秀明がUAE(アラブ首長国連邦)親善大使に!理由はなぜ?

8月31日、人気ジャニーズタレントの滝沢秀明さん(タッキー)が、アラブ首長国連邦(UAE)親善大使に任命され、外務省で河野太郎外相から委嘱状を受け取りました。

タッキー流石ですね!ジャニーさんとしても、さぞ鼻が高いことでしょう。

芸能界から政治界デビューをした人は軒並みしょうもない結果をに終わっていますが、(今井絵理子さんの略奪不倫など)今回のお仕事は親善大使というマスコット的な役割なので、政治的手腕を求められることは無く、滝沢さんの長所を活かした役割となります。

しかしなぜ、タッキーがアラブ首長国連邦の親善大使に選ばれたのかは疑問の残るところです。

河野外務大臣の意見も含めて、実態を探っていきます。

親善大使にタッキーが採用された理由は?

出典 朝日新聞デジタル

河野外務大臣は、日本とUAE(アラブ首長国連邦)の間で文化交流の促進などを担う親善大使に俳優の滝沢秀明さんを任命し、8月31日外務省で委嘱状を手渡しました。

写真を見ると、ジャニーズが親善大使に選ばれたのだなと実感しますね。

なぜ任命されたのかというと、タッキーは2017年1月にプライベートでUAEに訪れたことをきっかけに、関心を持つようになりそれが転じて今回の委嘱につながったといいます。

河野大臣はタッキーに対して「UAEには在留邦人が4000人ほどいて中東と北アフリカで最大の日本人社会ができている。ぜひ日本のソフトパワーを広めて積極的に発信してもらいたい」とエールを送りました。

中東は親日国が多いので、タッキーはそのイメージを守っていくのはもちろんのこと、より強固な関係を築いていく上でも重要な使命を全うする事になりますね。

親善大使就任にタッキーの意気込みは?

出典 朝日新聞デジタル

親善大使任命を受けてタッキーは「親日家を増やすために何か実現できればいい。両国の関係を深めるために精いっぱい活動していきたい」と意気込みを述べました。

日本を代表するトップアイドルが、自分の得意分野を活かして世界で活躍している姿は、他のアイドルにはないカッコ良さを感じますね。

今後、タッキーは1年間親善大使としてUAEで行われる日本の文化を広めるためのイベントに参加するなど、両国の友好関係を強化する活動を行うということです。

どんな活躍を見せてくれるのか期待が膨らみます。

ネットでも、早速歓喜の声が上がりました。

タッキー親善大使任命にネットの声は?

長年にわたって日本でアイドル活動をやってきただけに、タッキーの親善大使任命に驚かれる声が多く上がりました。

タッキーのようにたくさんの人に愛される方なら、親善大使としてきっと目覚ましい活躍を見せてくれそうですね!

これからの活動に乞うご期待です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加