【巨人】澤村拓一が神経麻痺!トレーナーの施術ミスが原因か?

巨人の澤村拓一投手が治療による怪我を負ったとして、話題となっています。

原因がトレーナーの施術ミスにより神経麻痺を引き起こした可能性があるとのことで、ファンの間で物議をかもしました。

スポーツ選手に施術を行うプロのトレーナーとあろうものが、一体どうしたというのでしょうか?

そして、沢村選手は無事に回復できるのでしょうか?

選手としてこれからも活躍していくためにはこの問題が1番のキモとなりますね。

早速見ていきましょう。

澤村拓一が神経麻痺となった経緯は?

9月9日、右肩のコンディション不良で2軍調整中の澤村拓一投手(29)について、球団トレーナーの施術ミスだった可能性が高まり、9日午前、石井球団社長と鹿取GM、当該のトレーナーがG球場で沢村に謝罪しました。

関係者によると、沢村選手は2月の沖縄キャンプ中に右肩に異変を感じ、2月27日に球団トレーナーのはり治療を受けたとのこと。

それでも長期間症状が改善しなかったため、球団が調査した結果、この日までに複数の医師から「長胸(ちょうきょう)神経麻痺(まひ)」と診断され、「外的要因によるもので、はり治療によって長胸神経麻痺となり、前鋸(ぜんきょ)筋機能障害を引き起こした可能性が考えられる」との所見を得たといいます。

つまり、間違った治療を長期間にわたり施されていたわけです。

3月4日のオープン戦、日本ハム戦(札幌D)で危険球退場しました。

それ以来、精神的要因で制球できなくなる「イップス」と指摘する声もあがりましたが、実際は日常生活の動作でも右肩に違和感が出る神経麻痺だったとの結論に至りました。

それでも8月に実戦復帰して2軍戦で7登板。

9月1日に今季初めて1軍昇格しましたが、登板なしで4日に登録を抹消されてしまいました。

患部は改善に向かっていて、G球場でキャッチボールを行いながら実戦登板を模索中です。

沢村選手はトレーナーの謝罪を受け入れ、球団は一日も早い復帰に向けたサポートを約束したといいます。

すぎてしまった事に対してごちゃごちゃ言わないのは沢村選手の優しさと、プロ野球選手としてのメンタリティーゆえなのでしょうね。

トレーナーはプロとして責任をとった上で、しっかりと技術の向上に繋げて欲しいところです。

神経麻痺の症状とは?

神経麻痺を引き起こすと、運動神経の刺激が末梢へ伝わらなくなり、その支配部位の運動が起こらなくなります。

また、感覚神経が障害されたために、その分布部位の感覚がなくなることも。

脳または脊髄から出た神経が、その末梢経路中で伝導中絶になり運動または感覚の障害を起こすのですが、原因は外傷および神経炎です。

これに対する治療法は存在しているので、沢村選手の場合は回復させることができ、選手生命まで奪われることはありません。

治るという事ならひとまず安心ですね、応援を続けましょう。

澤村拓一が神経麻痺にネットの声は?

トレーナーの責任問題は問われるところですが、沢村選手はもうトレーナーを許していて、和解も済んでいます。

ファンとしてこの事故には文句を言いたくなるのが本音ですが、沢村選手自身が既に前を向いて歩み出している以上、その姿に対して声援をおくるのがベストだと思います。

沢村選手はプロ野球の世界で戦っています、過去のことでグダグダと足を引っ張られるのは本望ではないのでしょう。

一刻も早い回復とこれからの活躍を祈っています、頑張れ!沢村選手!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加