2017年ゴールデンウィーク攻略!心理テクニックを使ったデートプラン!

もう間もなく、待望のゴールデンウィークですね。

この連休を充実させるべく、一生懸命プランを立てている方も大勢いらっしゃるでしょう。

早くも出先を決めている方はこの記事を目にすることもなく、晴れやかな気持ちで連休へ向かって行ったと思われます。

しかし、今この記事を見て下さっているあなたは失敗できないデートの予定を抱え、さぞ悩まれているのでしょう。

せっかくのゴールデンウィークですから、意中の相手と少しでも距離を縮めたいですよね。
あわよくばそのままお付き合い出来たならばこの上ないです。

そこで今回あなたには、意中の相手を落とすテクニックを心理学の観点からご紹介します。

楽しく充実したデートで休日を謳歌しましょう!

デートの満足度に1番大切な要素は「愛」ではない

愛の深さがデートの満足度に関わっていることは紛れもない事実ですが、近年の調査では交際において最も重要な要素として上げられるのは「友情」その次が「尊敬」であることがわかりました。

この結果を始めて目にした時は正直驚きました。
恋愛と聞いて連想する感情はやはり「愛」や「恋」でしたので、とても興味深い結果です。

しかし、よく考えてみれば長期的に良好な関係を築いているカップルは、打ち解けるまでの間が非常に自然です。
お互いの信頼関係をしっかり形成しており、それ故に気兼ねなく楽しい時間が過ごせるのです。
つまり交際の満足度は「愛しているか」どうかよりも「一緒にいて楽しいか」や「一緒にいて落ち着くか」で決まるのです。

あなたも好きな人と一緒にいるだけでは必ずしも楽しくないと思います。
一部の二次元では「一緒にいるだけで幸せ、他には何も要らないわ」とおっしゃる方もいますが、現実世界では相手にどう思われているか、おかしなテンションになっていないかと心配でそれどころではないです。
そんな状態で落ち着いて楽しむことは難しいでしょう。

恋人を作ろうと必死だったり、信頼関係を築く前から無理に接したりすれば、相手も落ち着くことが出来ずにお互い疲れてしまいます。

そこで相手との距離を縮めるためにオススメしたい方法があります。

それは相手を尊敬し、落ち着いて楽しむ事です。

拍子抜けするくらい簡単な内容ですが、あなたが緊張していては、相手にも緊張が伝わってしまい打ち解けにくくなるからです。

逆にこれさえできれば、相手もあなたもリラックスできるので、急速に良好な関係を築くことができます。

人間はリラックスしている時にIQが高まり流暢になるので、会話も弾みます。

ギャップ見せる(ゲイン・ロス効果)

もしもここまでの流れが上手くいかなくても取って置きの秘策があります。

それこそが「ゲイン・ロス効果」です。

このテクニックは非常に強力で、もしも何かの手違いであなたの印象が悪い方向へ行ってしまっても、印象を逆転させて好かれることができます。

例を上げると、努力家で成績優秀な青年がテストで一番を取っても周囲が褒める程度ですが、ガラの悪いヤンキーが成績トップを取ると、その噂は恐らく他のクラスまで轟きます。

このギャップこそが爆発的に好感度を上げるのです。

あまり無いとは思いますがピンチの時は思い出してみて下さい。

最終関門「告白の心理学」

今回は、統計学的に導き出した3つの告白パターンの中から、最も優れたものをあなたにオススメしようと思います。

3つの告白パターンは以下の通りです。

単純型

「好きです、つきあって下さい」
「もし、良かったらつきあって下さい」
「ずっと好きでした、つきあって下さい」

懇願型

「俺じゃダメ?」
「一生のお願いだから、つきあって」
「絶対に幸せにするから、つきあって下さい」

理屈型

「君と話をしているだけで幸せになるんだ、つきあって下さい」
「始めて合った時から好きでした、つきあって下さい」
「君の笑ったところが好き、つきあって下さい」

この3つのタイプを検証した結果、最もその後の関係が進展するのは、単純型という事がわかりました。
次に理屈型がきて、最も効果が薄いのが懇願型でした。
両想いの場合も同様に単純型が最も好感が高いことがわかっています。

この結果をふまえて、最強の型である単純型(気持ち+どうして欲しいか)を私は推奨します。

あなたのデートにこの記事がお役に立てたら幸いです。

ぜひ!最高の思い出を作ってきて下さい。それではまたお会いしましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加