浅香光代が隠し子を認める。父親は元首相とは誰なのか?

浅香光代(86)が4月14日に出席したイベントで、大物政治家との隠し子騒動について報道陣から質問を受け、子どもの父親が「元首相」であると認めたことが大きなニュースになったりました。

しかしその直後、テレビ朝日系「グッド!モーニング」の取材で浅香は前言を翻し、「首相になりかけたが、なれなかった人」と訂正し、マスコミ各社を翻弄しました。

本当に元首相だとしたら、それは所属していた政党の名に傷がつく可能性と、元首相の女の趣味をとやかく言われる可能性を考慮し、慌てて伏せた可能性が高いですね。

隠し子の父親と予想されている人物は誰なの?と思った方も多いと思います。

早速候補者を洗っていきましょう。

関係者達の証言

関係者の証言を洗うだなんて推理小説みたいでワクワクしますね。

芸能関係者「本当は元首相なのではないか、と見る人も多いんですよ。あまりにも大物すぎて憶測報道されるとまずいので、慌てて否定に走ったのでは」

2014年1月に浅香さんが「婦人公論」(中央公論新社)で、20代の頃に政治家と不倫したことを告白。相手とは大蔵大臣だった泉山三六の紹介で知り合い、後に自民党の重鎮となったS氏(故人)とのことでした。

「浅香さんの年齢から計算すると、20代になったばかりの頃で、泉山が第二次吉田内閣の大蔵大臣を務めていた。そして同じ内閣で官房長官を務めていたのが、なんと佐藤栄作なんです」

S氏の正体は佐藤栄作? 確かにあまりにも大物すぎてにわかには信じ難いですが‥‥。実は以前、永田町では別の噂も流れたといいます。

政治ジャーナリスト「その人物は、すでになくなっているK氏。自民党内で要職を歴任した人物で、浅香とも生前には接点があった。私生活では艶福家で有名でしたが、不思議とスキャンダルが表に出なかった。永田町内ではK氏が本命と見られていますね」

浅香さん本人は、隠し子の正体を墓場まで持っていくというのですが、今のところ1番濃厚な隠し子のパパさんは佐藤栄作とされている様子です。

2014年から招待を探っている人がいるにもかかわらず、明確な答えが出ないということは、知ってしまった人物が消されているのかも((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

浅香光代とは?

浅香 光代(読み方:あさか みつよ、本名;北岡 昭子(読み方:きたおか しょうこ)

愛称 「ミッチー」

生年月日 1928年2月20日

年齢 86歳

出身東京府東京市神田区(現:東京都千代田区神田)

身長 163.5cm

体重 55kg

血液型 B型

日本の剣劇女優として活躍していました。

内縁の夫は世志凡太(未入籍)です。

浅香光代の隠し子にネットの声は?

テレビは恐ろしいですね、蒸し返せば数字が取れそうとあらば容赦がないです(笑)

とは言え、ほとんどの視聴者は隠し子の話と同時に放送されていた「天空の城ラピュタ」が気になって仕方がなかった模様。

今日も平和な日本に感謝しつつ、隠し子とかに後ろ指を指す文化にバルスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加