コーチングにおける正しいゴール設定とは?

脳の力

あなたに最初にお伝えしたいことがあります。

あなたは生まれながらに非常に優れた能力を有した大天才である、ということです。

この画面を見ている脳の中には必ず大きな力が眠っています。

本来の脳の力を引き出すことで、あなたは望む未来を次々と叶えることが出来るのです。

しかし、その力を目覚めさせる人間は極わずかです。

99%以上の人々は能力を発揮することなく生涯を終えてしまいます。

では脳本来の力を発揮するにはどうしたらいいのか、今回は「コーチング」の観点からご紹介します。

コンフォートゾーンを変える

宝くじによって1億円を手に入れた後に自己破産した人と、年収10億円を目指していたら自己資金1億円を超えていた人には共通点があります。

一見真逆に思える両者ですが、どちらもホメオスタシスの機能によって自分のコンフォートゾーンへと移行しているだけなのです。

コンフォートゾーンとは

コンフォートゾーンとは自分にとって居心地の良い空間のことを指します。

年収300万円がコンフォートゾーンの人は年収300万円を稼げるよう働きます。

年収1億円がコンフォートゾーンの人が年収300万円しか手に入らなかったら、強烈な違和感を感じることでしょう。

その結果、ホメオスタシスの働きにより1億円稼ぐコンフォートゾーンへ戻ろうとするのです。

ホメオスタシスとは

ホメオスタシスは恒常性という意味で、生物に強力に作用します。

恒常性とは、身体の状態を一定に保つ働きの事で、体温を36℃に保とうとする作用もこれにあたります。

あなたが毎日の歯を磨かないと気持ち悪く感じたり、太ってきたらダイエットをしたりするのも、コンフォートゾーンを守るためにホメオスタシスが働いた結果というわけです。

つまり、コンフォートゾーンを変えることであなたの脳はクリエイティブに働き、1億円だって10億円だって欲しい額を稼げるようになるということです。

コーチングの心臓「ゴール」とは

ゴールとは、現状の外側に設定した、人に止められても絶対に成し遂げたい事です。

ただ現状の外側にゴールを設定しただけでは足りません。

人間は自分が本当にやりたい事をやっている時こそ、高い生産性を生み出すことが出来るのです。

子供が「勉強をしなさい」と強制されても、体調不良を訴えたり、このテレビ番組が終わったらやる、など勉強をしない方法を脳がクリエイティブに考えだします。

ようやく机の前に座っても、集中力が続かず10分としないうちに他のことをし始めるでしょう。

それが大好きなゲームならば、3時間でも5時間でも集中して取り組み続ける事ができます。

このように、自分のやりたい事をやっている時というのは脳が非常に力を発揮し、高い集中力と生産性を生み出すのです。

現状の外側とは

現状のの外側とは、今の生活の延長線上では絶対に達成出来ないことです。

例えば、「今所属している会社の社長になる!」というのはゴールになりえません。

なぜなら確率は少なくとも現状を続けた先になれる可能性があるからです。

「総理大臣になって日本を世界のリーダーにする!」だとすれば、このまま会社員を続けていてもなれません。

この時始めて、現状の外側にゴールを設定したと言えるでしょう。

現状の外側にゴールを設定したら、自分が総理大臣になっている未来を想像し、臨場感を上げていきます。

すると、コンフォートゾーンが総理大臣になっているあなたの方に移行し、ホメオスタシスの作用で脳がクリエイティブに総理大臣になる方法を見つけ始めるのです。

人に止められても絶対に成し遂げたい事

例えば、親が大企業に入る事を勧めていたから、自分は大企業に入りたいと思う、というのは本当にあなたのやりたい事でしょうか?

誰かに止められても、生涯をかけて絶対に大企業に入りたい!というのならやってみるのもいいかもしれません。

ただ大企業に入った途端にあなたは目標を失い、また誰かの意見に依存するでしょう。

誰かのゴールに依存して、その歯車として生きるのは奴隷の人生と変りません。

それは一度しかないあなたの生涯をかけていいほどの価値が本当にあるでしょうか?

もう一度自分の心に素直になって聞いてみて下さい。

あなたが生涯をかけてでもやりたいと思うこと、誰に止められても成し遂げたいと思うことは何ですか?

ゴールは全てのコーチングの理論の要となります。

「コーチングなんてやっても成果が出ない」という方の多くは、コーチングの基礎であるゴール設定を間違っているか、偽物のコーチにコーチングを教えられていると考えられます。

ゴール設定というのは、木でいうところの根っこのようなものです。
ここがしっかりしていなければ、たとえ環境に恵まれ肥沃な大地に植わっても、養分を吸収できず実を結ぶことは難しいでしょう。

自分が本当にやりたい事を自問自答して下さい。誰かに与えられた価値観ではなく自分が本当にやりたいと思ったことをしている時にこそ、人間の生産性は爆発的に上がります。

おわりに

99%以上の人々は自分の本来の能力を発揮することなく生涯を終えています。

私はこの現状を本当に勿体無いと思っています。

人間はもっと好きな事をして自由にして生きることが出来るのに、多くの人がそれをしようとしません。

私は一人でも多くの人にコーチングを伝えて、脳本来の力を引き出し自由に生きる人生を送って欲しいのです。

今回の記事であなたが少しでもコーチングに興味を持ってくれたのなら幸いです。

またお会いしましょう、それでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加