スズメバチに車椅子の女性150カ所刺され死亡。見殺しの疑いは?

「足が不自由だけれど、デイサービスの人が付き添ってくれるから安心してお出かけができる。」

そんな時代は存在していないことが本日明らかになりました。

愛媛県大洲市長浜町で9月、電動車いすの菊地チヱ子さん(87)がデイサービスの男性職員に付き添われ帰宅途中、スズメバチに約50分間にわたり刺され、死亡していたことが10月6日、大洲地区広域消防事務組合消防本部などへの取材で分かりました。

身動きが取れない状態で50分間スズメバチに刺され続けるなんて、中世ヨーロッパでも思いつかない拷問のような状況です。

周りの人に見られながら、150箇所刺されるまでじっとしているしかなかった菊池さんの気持ちを思うと胸が締め付けられます。

それと同時に、自分がその場所に居合わせたとして、スズメバチの群れへ飛び込んでいくことができただろうかと考えてYESと即答できないもどかしさに包まれました。

この悲惨な事故はなぜ起きてしまったのでしょうか?

菊池さんを救う方法はあったのでしょうか?

事故はなぜ起きた?

消防本部によると、9月11日午後4時ごろ、菊地さんがデイサービス施設の送迎車を降り、30代の職員に付き添われて自宅に戻る途中スズメバチに襲われたそうです。

職員は菊地さんから離れた場所で施設に連絡。菊地さんを助けようとしたが、大量のスズメバチがおり、近づけなかったといいます。

まずどうして襲われた時に菊池さんと一緒に離れた場所へ移動せず、菊池さんを置いて自分だけ離れた場所への行ったのか、最初から怪しい展開です。

職員も刺されたということでしたが、ここでは計画的に菊池さんをスズメバチの下に置いていったのかが疑問視されますね。

ちなみに問題となったハチの巣は付近の住宅の軒下にあり、既に駆除されました。

施設から連絡を受け、15分ごろ、救急車が到着したが、防護服を用意しておらず近づけなかったと言いますが、なぜ蜂に襲われているところを救助するのに防護服を持ってこないのか不明です。

同45分ごろ、ハチが減ったため、市内の病院へ搬送したが、12日午後11時ごろ、転送先の病院で多臓器不全のため菊池さんは死亡しました。

ハチが多く、約150カ所刺されていたといいます。

付き添いの職員は救助できず、駆け付けた救急車も防護服を用意していなかったことに対して消防本部は、「通報時は既に安全な場所にいると判断した。しっかり情報収集ができていなかった」としています。

スズメバチの襲撃でパニックに陥っていたというのなら情報収集が難しいのは分かりますが、職員は離れた場所で、安全を確保した上で連絡をとっています。

しっかりとした情報収集が出来なかったのは職務怠慢と言わざるを得ません。

施設の担当者は「無事に送迎できなかったことは痛恨の極み。ご家族には申し訳ない」と謝罪し今後、当時の対応を検証するとしています。

ゲームならば残機が1減って、またスズメバチから逃げればいいですが、現実世界では失われた命は二度と戻りません。

絶対に第2の被害者を出さぬように今一度自分達の仕事を見直して欲しいと思います。

スズメバチの習性から注意喚起も

今回の事故は知識を持って警戒しておけば、防げていたかもしれません。

スズメバチは大きく動く物に驚き、攻撃してくる習性があります。

大谷剛・兵庫県立大名誉教授(昆虫行動学)によると「8月終わりから9月はスズメバチの巣が一番大きくなり、個体数が多い。直径60センチだと千~3千匹いる。巣は雨がかからない空き家の軒下や屋根裏、やぶの中に作られやすい。目の前にハチが現れたら慌てて手で振り払いたくなるが、刺激しないように遠ざかることが大切。スズメバチは大きく動く物にびっくりし、巣を守るために仲間と一斉に攻撃してくる」と注意を呼び掛けています。

今回の事故はまさしくこの危険な時期におきたものですので、日常の中でスズメバチの巣を見つけた場合は、放置せずに、自治体に連絡するなど、対処することが重要です。

スズメバチの被害にネットの声は?

スズメバチも自分達の命を守るために行動したまでです。人間の命と引き換えに蜂の多くも自分の身を犠牲にしました。

もしも自分が職員と同じ立場だったとしても、ちゃんと助けられたかと言われれば、絶対に助けただろうとは言えません。

平和に思える今の街中でも、動物や虫たちからしてみれば、いつ殺されるかわからない殺伐とした風景にうつるのやもしれません。

彼らから見たら私たち人間は天敵です。

そのことを忘れないように生きて、菊池さんの死を無駄にしないように過ごしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加