仙台国際ホテルで障がい者女性社員に中川浩司料理長が暴言や暴力のパワハラ発覚

名前は伏せますが「この、ハゲーーーっ!!」と雄叫びを上げる議員が、最近パワハラで問題になったばかりですが、またもや世間はパワハラ事件を繰り返すこととなりました。

まったく...豊田真由子さまリスペクト派とかいるんですか?と聞きたくなる惨状に呆れてしまいます、このパワハラ問題は早急に断罪されなくてはなりません。

仙台市青葉区の仙台国際ホテルに勤務する40代の男性料理長から繰り返し暴力を振るわれたり、暴言を吐かれたりしたとして、宮城野区の社員鎌田あゆみさん(21)が近く宮城県警に被害届を提出することが9月29日、分かりました。

障がいのある方への卑劣な暴力は本当に行われていたのか?また事件の真相はどのようなものなのか?

早速見ていきましょう。

仙台国際ホテルパワハラ事件

被害にあった鎌田さんは生まれつき両脚にまひがあり、障害等級は4級でした。

市内の専門学校を2016年3月に卒業後、仙台国際ホテルに正社員として採用され、2016年7月ごろにフレンチレストラン「セラン」に配属されています。

鎌田さんによると、同7~12月、調理場で洋食部門の男性料理長から「お前の触った物を触ると障害がうつる」と暴言を吐かれたり、「息が合わない」と左頬を右手で殴られて鼻血が出たりしたそうです。

さらに、今年2017年1月2日にも料理長から蹴られ、調理場で転倒したといいます。

暴行があった当日、鎌田さんは母親(42)を伴い、料理長やホテル幹部と面談。

ホテル側は、料理長が鎌田さんを膝で突き飛ばした事実があったとして、料理長ら2人がその場で土下座して謝罪しました。

しかし、その後も暴言が繰り返されたとして、鎌田さんは今年6月下旬以降、休職しています。

パワハラの実態も障がいに対する偏見も形だけの土下座も全てふまえて、人格を疑わざるを得ません。

休職後、ホテルと鎌田さんは、弁護士を介して相互に主張の確認書や被害事実の確認を求める通知書をやりとりをし、ホテル側は今月20日付の通知書で、料理長による1月2日の暴行のみを認め、それ以外の暴行や暴言を否定しました。

証拠がない部分はもみ消してしまおうという態度が目に見えていますが、証拠不十分ではどうしたって勝訴とはいきません。

悔しさは残りますが、今後証拠が出て来たときに苦渋を飲んでいただきましょう。

鎌田さんは「繰り返しひどい仕打ちを受け、自殺も考えた。長く働き続けたかったのに許せない」と批判しています。

ホテル側は河北新報社の取材に「1月2日の件は謝罪しており、許してもらえたと考えていた。内部調査の結果、それ以外に暴力的な行為や暴言は一切ないことを確認した」と現在も反論しています。

料理長の中川浩司とは?

出典 みやぎ食彩PROGRESS – blogger

料理人、中川さんの経歴を簡単にまとめて見ていくと

中川さんは仙台国際ホテルのフレンチレストラン「セラン」の料理長の料理長を務める方です。

現在44歳だそうです。

出身は宮城県七ヶ浜町という有名な観光名所で育ちました。

七ヶ浜といえば、松島なども望める美しい景色が人気です。

料理の実力と氷の使用したアートな作品を作ることで高い評価を得ています。

これまで数々の賞も受賞しています。

・2000年札幌まつり氷の祭典「優勝」
・第21回明治神宮奉納冬期全国彫刻展 会長賞
・第27回明治神宮奉納冬期全国彫刻展 
特選、創美師範賞、明治神宮賞

・平成22年 みやぎ食材伝道師 三つ星認定

(引用:http://www.sendaikokusai-wedding.com/professional/)

実力も実績もあるだけに、周囲からは今回の事件に関して落胆の声も上がりました。

きっと中川さん本人は、厳しい修業時代を乗り越えて今があると考えていて、自分の部下にも同じように成長して欲しくて厳しい当たり方をしたのかもしれません。

とはいえ、やり方には問題がありました。今は暴言や暴力が許される世界ではありません。

料理を極めていくと同時に、責任ある立場になる以上は教育に関してもしっかりと勉強するべきです。

でなければ料理長なんて冠はただの傲りです。

仙台国際ホテル、パワハラ事件にネットの声は?

今回の事件には「障がい者蔑視」「パワハラ」「傷害」「人権侵害」など多くの問題が含まれています。

パワハラがなくならない理由として、日本軍隊の時代から脈々と受け継がれてきたパワハラ社会があり、バブルではそれが成功体験となってしまったばかりに「このやり方が正しいんだ」と時代錯誤の勘違いが引き起りました。

一部の人間がその幻想にとらわれたまま、教育に関してろくに学ぼうともせず部下を持ち、過ちが繰り返されています。

問題の根幹にあるのは教育者の教養不足です。

解決していくためには、新しい世代が間違いに気付き、正しい世界に通じる教育論を学んでいくしかありません。

こうした事件が認知されていく度に、多くの人がパワハラの罪と生産性をさげる非効率さに気付いていきます。

あとは、後世にこの悪習を残すことなく、教育法に関する教養を身に付け実践すれば、日本は見違えるほど良い国となるでしょう。

幸い安価で良い教材は手に入りますし、図書館に行けば無料で知識の習得もできます。

未来に向けてできることを今から備えるとしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加