二所ノ関親方が意識不明重体!原因は?

10月19日午後4時20分ごろ、日本のゴリマッチョ文化を陰ながら支えていた大相撲の二所ノ関親方が意識不明の重体となりました。

一体からだに何があったというのか?早速見ていきましょう。

二所ノ関親方が意識不明重体!原因は?

千葉県警によると、19日午後4時20分ごろ、千葉県県船橋市の路上で大相撲の二所ノ関親方(元大関若嶋津、本名・日高六男)が自転車とともに転倒しているのが見つかりました。

自転車とともに転倒していたということは、運転中に何らかの症状が発症したということと思われます。

倒れていたところを通行人の女性が発見し「60歳ぐらいの男性が倒れている」と消防に通報が入り事態が発覚しました。

当初は意識があり、船橋市内の病院に運ばれ、緊急手術を受けましたが、現在は意識不明の重体といいます。

現在は警察が詳しい状況を調べていて、現場の路上には交通事故を示すような痕跡も見つかっておらず、目立った外傷はないそうです。

現場は二所ノ関部屋の近くの直線で約600メートル離れている住宅や公園がある場所だったと言います。

近所用事があってお出かけのところを何らかの病に襲われたのでしょうか?病院と警察の捜索は続きます。

二所ノ関親方とは?

出典 時事ドットコム

二所ノ関親方(元大関若嶋津、本名・日高六男)

生年月日:1957年1月12日

出身:鹿児島・種子島出身

年齢:60歳

身長:1m88cm

簡単な経歴をまとめると、1975年春場所で初土俵。大関・若嶋津として2度の優勝と年間最多勝1度を誇り、幕内通算515勝330敗21休です。

精かんな顔立ちで“南海の黒ひょう”の異名を取りました。

1987年名古屋場所を最後に引退しています。

年寄・松ケ根を襲名し、二子山部屋から独立して松ケ根部屋を興しました。

お相撲さんの王道を歩んでいるという感じですね。

その後2012年12月に年寄・12代二所ノ関を襲名し、名称を二所ノ関部屋に変更します。

日本相撲協会理事で審判部長を務めています。

現役時代の体重は122キロと大きな体躯を持っていました。

奥さんは元人気歌手の高田みづえさんです。

今頃はきっとお嫁さんも心配していることでしょうね、早期回復を祈ります。

所ノ関親方の病状にネットの声は?

ネットからも多くの心配の声が上がりました。

二所ノ関親方は重症ではなく、重体との報道ですので、けがではなく何らかの病気とみられます。

原因をしっかりと特定して早めの治療で元気になって欲しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加