民進党の小川勝也参院幹事長の長男逮捕!小学校低学年の女児をわいせつ目的で暴行。

10月31日、国の宝である私たちの女子小学生に悲劇が起りました。

あろうことか民進党の小川勝也参議院幹事長の長男にあたる小川遥資さんが、わいせつ目的で小学校低学年の女児に暴行を加えたということです。

なお、クジラックス先生の危険著書を愛読していたかは明らかになっていません。

何を思い参議院幹事長の長男は犯行に及んだのか、詳しく見ていきましょう。

小川勝也参院幹事長の長男の犯行動機は?


小学校低学年の女児の服をつかんで転倒させたとして、埼玉県警所沢署は2日、暴行の疑いで東京都千代田区麹町、日大芸術学部2年、小川遥資(ようすけ)容疑者(21)を逮捕しました。

気になる犯行の動機は「小学校低学年の女児に興味があった。わいせつ目的で暴行した」などと供述し、容疑を認めています。

社会的にも道徳的にも自然法的にも超えてはならない一線を超えてしまいましたね。

小川容疑者は、民進党の小川勝也参院幹事長(54)=北海道選挙区=の長男で、参院議員宿舎に住んでいます。

この影響を受け、勝也さんは同日、離党届を民進党の大塚耕平代表に提出。国会内で「女児と家族にはおわび申し上げたい」と述べました。

世間様、有権者様のイメージは死ぬほど大切な政治の世界において、責任ある立場の人間はそうせざるを得なかったのかもしれません。

逮捕容疑は10月31日午後4時ごろとなり、埼玉県所沢市内の路上で、徒歩で帰宅途中の小学校低学年の女児の服をつかんで転倒させたとしています。

所沢署によると、所沢市内では10月20日に女子小学生を狙った強制わいせつ事件が2件連続で発生しており、小川容疑者は関与をほのめかす供述をしており、同署はさらに関連を調べる方針です。

小川容疑者の犯行であれば、所沢市の小学生たちは犯人逮捕により安心して過ごすことができますが、複数人による犯行だった場合、ロリ犯罪市所沢の烙印を押されかねません。

現地の女子小学生の皆様、小川容疑者の犯行であることがハッキリするまでは警戒を強めておいてください。

小川勝也とは?

出典 YouTube

小川勝也(読み方:おがわ かつや)

生年月日:1963年7月7日

出身:北海道 和寒町

年齢:54歳

学歴:日本大学卒業

簡単に経歴をまとめると、勝也氏は平成7年に32歳の若さで参院議員に初当選。

現在4期目。防衛副大臣、首相補佐官、参院農水委員長などを歴任しています。

2017年11月、自身の長男がわいせつ行為目的で小学校低学年の女児に対する暴行により逮捕されたことを受け、民進党に離党届を提出しました。

公式ホームページによると、座右の銘は「義を見てせざるは勇なきなり(意味:人としてなすべきことと知りながら、それを実行しないのは勇気がないからである。)」です。

座右の銘に噓はなく、民進党離島も判断がとても早かったですね。

報道されるころにはもう離島していて、辞任騒ぎが起こらないように事を終えていました。

小川勝也参院幹事長の長男逮捕にネットの声は?

成人した子どもの不祥事で親が責任をとる必要は、特殊な教育的背景(少年兵のような)がない限り必要ないとおもいます。

しかしながら、大衆がみんな論理的であるかと言えばそれは違います。

多くは感情論やメディアの情報操作に踊らされる人間ばかりなので、反感や悪評によるイメージダウンが膨らむ前に離党したのでしょう。

小学生を巻き込んだ犯罪がこれ以上増えないように、所沢署には調査を急いでほしいところですね。

一刻も早い事件を応援しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加