「ドリフト走行会」にて事故!現場 天山リゾートの映像は?

11月12日午前、佐賀市富士町市川の「天山リゾート」駐車場で開かれていた車のドリフト走行会で、参加車1台が観覧エリアに突っ込む事故がありました。

危険だと分かりながらも、なぜ男たちはドリフトに恋焦がれてしまうのか?「ドリフト走行会」という響きが聞こえた時点で嫌な予感がしていましたが、残念ながら的中する事態となりました。

事故原因や事故現場の様子、けが人や死傷者の有無など、早速見ていきましょう。

ドリフト車の事故後の動画

晴れた会場は楽しいドリフト日和、気持ちよくみんなでドリフトを楽しんでいた時、事故は起りました。

メキメキと車体の半分まで届くボディの割れ、相当なスピンがかかっていたのでしょうか?車が乗り上げた花壇は破壊され、その衝撃を物語っています。

車の損傷も酷く、運転手の命は無事なのか心配なってくる状態です。

運転手や観客の安否は?

県警佐賀北署などによると運転者ら計4人がドクターヘリなどで搬送され、観客の佐賀県小城市の40代男性が重体となっています。

ドリフトは見ているとスリリングで胸が踊るかもしれません、しかし代償としてのリスクは切っても切れない存在なのですね。

消防などによると、ほかの3人は、運転していた20代男性(長崎県西海市)が頸椎(けいつい)損傷、助手席の30代男性(同)が胸骨・胸椎(きょうつい)骨折、観客の20代男性(佐賀市)があごの骨折しています。

搬送時、3人とも意識はあったといいます。

人体に強烈な損傷を負いながらも、意識を保ち続けるあたり、男のロマン「ドリフト」をするだけのことはあります。

ドリフト事故はなぜ起きたのか?

事故が発覚したのは午前9時半すぎ、消防に「レース中に車両が観客席に突っ込んだ」と通報があったといいます。

佐賀北署によると、走行会は佐賀市の自動車整備会社が主催したもので、66台の車がエントリーし、午前9時ごろから車を滑らせながら走る「ドリフト走行」などをしていたとみられます。

観客は関係者を含め約100人に上りました。

主催者は石などでできた高さ30センチほどの花壇を走行エリアと観覧エリアの区切りとして使用していました。

主催した整備会社の社長(38)によると、走行会は初心者向けや、ドリフトする人向けなど三つのクラスに分けていたが、運転技術によって参加者を選別することはなかったといいます。

社長は「事故は想定できなかった。けが人が出てしまって申し訳ない。けがをされた方の一日も早い回復を望んでいます」と語っています。

佐賀北署は業務上過失傷害にあたる可能性もあるとみて、運転者や主催者から事情を聴いて状況を調べる方針です。

ドリフトが危険な行為であることは誰しもが知っていますが、こうして事故が起きてもやめられない理由は、強い憧れや危険なが伴うことによるスリルなのだと思います。

レースゲームの中で、上手にドリフトできても「刺激が足りない」と思ったら、一度この事故を思い出して、よく考えてから行動して下さい。

取り返しのつかない事態にならないよう、幸せな人生を選んで下さると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加