神戸で強毒を持つ殺人外来種「ヒアリ」(火蟻)を確認 コンテナヤードでも100匹を発見 危険性や対策は?

兵庫県尼崎市に衝撃が走りました。

「運ばれてきたコンテナになんか変な色の蟻いるけどこれ大丈夫かな?シロアリか?」

「これはシロアリちゃう!ヒアリや!」

兵庫県尼崎市に運ばれてきたコンテナから見つかった「ヒアリ」は強い毒を持つ特定外来生物です。

外来種が野に放たれてしまうと生態系を狂わせてしまう危険性があります。

何より近隣住民への影響も心配されます。

いきなり自分の地元に猛毒を持つ蟻が放たれたなんて冗談ではすみません。

今回の騒動を早速まとめ見ていきましょう。

いつどこで発見されたの?

環境省によると5月20日に中国広州市から神戸港に到着した貨物船のコンテナを5月26日に尼崎市内で開けたところ、床や壁面に大量のアリの成虫や卵を発見。

すぐに密閉し、6月1~5日に駆除しました。

床や壁面ですくすく成長していた蟻の種類を調べた結果、6月9日に正体はヒアリであると判明しました。

その後、環境省は6月13日に特定外来生物で強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が、中国から神戸港に入港し尼崎市内に運ばれたコンテナの中で発見された、と発表しました。

国内での確認は今回が初めてだと言います。

6月16日に神戸市などがポートアイランドのコンテナヤードを調べたところ、ヒアリが新たに見つかり、市は緊急駆除を始めました。

目視で約100匹を確認したといいます。

神戸市は早速対策本部を設置し、同日正午から対応を話し合っています。

ヒアリとは?

ヒアリは元々、中南米に生息していました。

しかし現在ではアメリカやオーストラリア、アジア圏でも発見されるように
なりました。

ヒアリは体長2・5~6ミリメートル程度で赤茶色、腹部はやや黒っぽい。

非常に小さなながら攻撃性が高く、お尻に強い毒針を持つという厄介な性質を持ちます。

ヒアリに「害を成す敵だ」と認識されると、その毒針で攻撃を仕掛けられます。

絶対に出会いたくない危険生物ですね。

どんな毒を持つの?刺されたときの対処法は?

それでも人生なにが起きるか分かりません。

あなたがヒアリに刺された時の対処法をご紹介しておきます。

出典https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201706/p2_0010286195.shtml

ヒアリに刺されると体質によっては呼吸困難などを伴う急性アレルギー反応「アナフィラキシーショック」を起こす危険性があります。

上記の対処法を実践して慌てずに対応してください。

見つけた場合は、絶対にヒアリを素手で触らないでください。

刺された直後約30分は安静にする

容体が急変したときは救急車を呼びましょう。

また、ヒアリは市販のアリ用殺虫剤で駆除することができるそうです。

今後の対策

問題のコンテナが運ばれてきた中国の広州市では既にヒアリがすみ着いており、環境省は「積み出す際にコンテナ内部に付着していた可能性が高い」としています。

今後、神戸港内でコンテナを留め置いた2カ所と尼崎市内のコンテナの開封場所で、周辺への侵入がないかを確認していくそうです。

突如として現れた危険生物にも迅速に対応する市や環境省に感謝しつつ、インターネットで対策方法をすぐに調べられる時代ですので私たちもしっかりと対策を講じていきましょう!

それでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加