【動画】超速縄跳で日本の小学生がギネス世界記録達成!1分間で何回跳べた?

2017年6月16日にギネスワールドレコードが公開した大縄跳びの世界記録に「衝撃の60秒」だと世界が絶賛です!

衝撃の60秒

見ているだけで心臓が潰れてしまいそうになる緊張感です。
縄を回している女の子の腕も千切れんばかりのスピードの超速縄跳び映像をお楽しみ下さい。
声を出し合いながら、瞬きする暇もなく縄を駆け抜ける姿は圧巻ですね。
縄を回している2人と、縄を跳ぶみんなの息が完璧に合っています。
縄に躓くわけにはいかない、あのプレッシャーの中で跳んでいる思うと、なんて強い小学生たちだろうと本当に感動します。

どこの小学生チーム?

今回の記録を打ち立てたのは、静岡県富士市原田小学校の生徒さん14人です。
体育館で、Tシャツにハーフパンツ姿の回し役の2人が2メートルほどの距離に立ち、「行くよ!」「せーの」の声とともに縄を回し始めると、跳び役が列をなして縄の間をピョンピョンと駆け抜けていく。
「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ」という超ハイテンポな掛け声に一人が着地する頃には次の一人がジャンプ。
そのスピードは、約3秒で列の最後尾が跳び終わるという驚異的な速さ。
すると、今度は八の字を描いて戻ってきた先頭が、逆方向から間髪入れずに縄へ。
これをどんどん繰り返していき、20秒、30秒……。時間がたってもペースが落ちることはなく、体を揺らして右手一本で縄を回す2人の体力も驚異的です。50秒、55秒、そして誰1人として躓くことなく競技が終了しました。
気になる記録にみんなドキドキしていたことでしょう。

ギネス記録を樹立の記録は?

日本の小学生14人による世界最高速の「大縄跳び」
その記録なんと【1分間225回】単純計算で1秒に3.75回!!
従来のギネス記録を更新する大記録をその目で確認した瞬間、子供たちの歓喜の声が沸き起こりました。
この記録は2013年に岐阜県可児市立広見小学校の生徒が記録していた従来の217回を8回塗り替えています。
きっとみんな泣くほど嬉しいかったと思います。
膨大な練習の末に世界に認められる、ラッキーパンチでも珍記録でもない努力の成果です。

米メディアも特集

1分間に225回という衝撃の記録は海を越えて海外で話題となり、米メディアが注目しました。

アメリカで最も権威を持つスポーツ専門誌「スポーツ・イラストレーテッド」電子版は「必見 日本人の子供たちが世界の縄跳び記録を更新するこのビデオは魅了的だ」と特集し、ギネス・ワールドレコード公式YouTubeで紹介された動画を紹介。

「信じられないチーム縄跳びチャレンジ」というタイトルを綴った動画に「偉業」として「特筆に値する」と大絶賛しました。

映像を見た世界のファンからは

「アメージングだ…」

「数え切れないくらい見たよ」

「努力は称賛、そして尊敬されるべき」

「非常に整然としているし、素晴らしい」

「みんねキュートだね。日本は縄跳びに長けている」

「信じられない」

「日本を誇りに思うよ」

「美しい!!」

「素晴らしい連携と集中力…このキッズたちに大きな拍手を」

 このような海外から称賛のコメントが相次ぎ、ギネス側は「楽しんでくれて良かったよ。この偉業を世界と共有できて嬉しく思う。素晴らしい!」と返信しました。

世界中を感動させた富士市原田小学校の生徒14名をとても誇らしく思います。

あなたにも楽しんでいただけたら嬉しいです。

またお会いしましょう、それでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加