6/26藤井聡太四段29連勝達成!最多連勝記録を30年ぶりに更新

藤井聡太四段(14)VS増田康宏四段(19)歴史に残る対局を制するのはどっちだ!?

藤井四段が勝てば公式戦29連勝となり、最多連勝記録を30年ぶりに更新することになります。

注目の対局にファンやメディアが熱い視線を送るなか勝利したのはなんと!

将棋の女神が微笑んだ。

6月26日に藤井聡太四段(14)は東京都内で、竜王戦の挑戦者を決める決勝トーナメントの初戦に臨み、増田康宏四段(19)と対局しました。

東京都内の将棋会館前に多くの報道陣が集まるなか、歴史に残る対局は、この建物の4階、特別対局室で、午前10時から始まった。

藤井四段は先週、28連勝を達成した際、今回の対局について「大きな舞台で、対戦相手も非常に強敵」だと話していました。

対局は振り駒の結果、藤井四段が先手となります。

現在2人しかいない10代の棋士同士の戦いは、それぞれ5時間の持ち時間で行われる。
日本将棋連盟によると、昼食の出前に、藤井四段は、豚キムチうどんを、増田四段は、ミニとんかつ定食を、それぞれ注文したとのことです。

デビューから、わずか半年での前人未到の記録達成なるか。

大接戦を制したのは増田四段の投了で「藤井四段」でした!

91手まで藤井四段の勝ちというわけで将棋界の歴史に新たな勝者の名が刻まれます。

前人未到の快挙達成、本当におめでとうございます!

次回の対局で30連勝の大台にのるか、また新たな楽しみが生まれてました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加