メッシ結婚!花嫁の「アントネラ・ロクソ」はどんな人?

6月30日

史上最高のサッカー選手と名高いリオネル・メッシが幼馴染との結婚を果たしました。

サッカー界のファースト・レディーが誕生したと各メディアで話題です。

幼馴染の花嫁「アントネラ・ロクソ」とは?

出典 Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN

アントネラ・ロクソは、メッシが5、6歳の頃にアルゼンチンの故郷であるロサリオで出会った女性です。

年齢は彼女が1つ上で、メッシの親友のいとこなのだそう。

「友達の家に遊びに行ったら、運命の出会いがそこにあった。」ということでしょうか、メッシ少年が何とも羨ましいものです。

メッシとアントネラが幼いころの写真がこちら。

出典 エタン(Ethan)のブログ

小さい頃からアントネラはめちゃくちゃ可愛いですね、メッシの心を射止めるのも納得です。

交際を始めたのは2009年からで、小さい頃に会って以来、もう何年も会ってませんでした。

しばらくぶりの再会を経て交際を開始したのです。

メッシとアントネラの結婚式

リオネル・メッシとアントネラ・ロクソが結婚式を挙げたのは6月30日。

長年のパートナーであるアントネラさんと故郷ロサリオ(Rosario)で結婚式を挙げ、名立たるスーパースターが出席しました。

出典 Pictas(ピクタス)

2人が出会った思い出の場所でのウエディングとはとろけるほどロマンティックです。

現在30歳のメッシと29歳のアントネラさんが子どものころ出会ったアルゼンチン北部の都市ロサリオで行われた「世紀のウエディング」には、スペイン1部リーグのFCバルセロナで一緒にプレーするネイマールやルイス・スアレスチームメートのジェラール・ピケの妻でポップ歌手のシャキーラなど、総勢260人の有名人が出席しました。

元バルセロナの選手で現在はイングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属するセスク・ファブレガス、アルゼンチン代表のチームメートでマンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロも式に参列しています。

花嫁となったアントネラさんは、スペイン人デザイナーのロサ・クララ氏がデザインしたウエディングドレスに身を包んでいました。

細部まで美しいドレスがよく似合う、天使と見まごうようなアントネラさん。

ロサ・クララ氏のドレスは、女優のエヴァ・ロンゴリアやスペインのレティシア王妃も着用したことで知られています。

結婚式は現地時間午後10時にカジノのシティーセンター・ロザリオで執り行われ、同会場では引き続き披露宴も開かれました。

メッシ夫妻は現在所属クラブのあるスペイン・バルセロナ(Barcelona)に居住しているが、バケーションで定期的にロサリオにも帰省していのだそうです。

末永く幸せになって欲しいですね。

以上、サッカー界のファースト・レディー誕生のお話でした~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加