松居一代が船越英一郎と週刊文春を告発!‪YouTube‬‬動画まとめ。

こちらが松居一代の告発動画をまとめたものです。

あなたは誰が本当の事を話していると思うだろうか?

メディアや雇われた他人の意見に振り回されずに見て欲しいと思う。

松居一代の動画フルバージョン2本

こちらの動画は松居一代が公式に配信している動画だ。

皆さんに嘘は付きたく無いというメッセージ、本当のことを伝えたいという気持ちもあってか、メイクをせずにすっぴんで撮影している様子だ。

松居一代が週刊文春へ宛てた手紙の画像はこちら

出典 ニュース7web

週刊文春に話を持ち込んだ経緯としては、船越と女性誌が松居を悪者にするような記事を出し続けていたため、「(船越が所属する)ホリプロの圧力に勝てるのは週刊文春しかない」と考えたためだった。

しかし、抵抗虚しく頼みの綱の週刊文春にも裏切られ、掲載される記事を確認できないまま発売される結果となり、「私は裏切られました。本当に信じられないようなことが起こったんです。皆さんに真実をお伝えする方法はこのYouTubeしかありません。私が話していることはすべて真実です。ウソは絶対につきません」と最後は自分一人になったものの訴えを続けている。

7月5日、タレントの松居一代(60歳)が、YouTubeに投稿した「船越英一郎 裏の顔」という動画には芸能界ではよくあるであろうドロドロとした裏事情が暴露されている。

その中で、夫の船越が、松居の友人と不倫関係にあることなどを告白していた。

動画の中で松居は、まず、船越が両親の反対を押し切って自身と結婚してくれたこと、また、松居の子どもを自分の子のように可愛がってくれたことなどに対し、「私は本当に彼には感謝で感謝で、もう言葉で表現できないくらい夫の船越に感謝をしていました。彼を信じていました。彼は絶対私を裏切らないと思っていました。一生添い遂げるんだと思っていたんです」と感謝の言葉、そして夫への想いを語った。

しかし、「船越英一郎は私を裏切っていたんです。それも大変恐ろしいことをして、私を裏切っているんです」と、夫の裏切りについて説明。

さらに「裏切りながら、まるで紳士のような顔をしてテレビに出ていますけども、とんでもない男です。船越英一郎の裏の顔、本当の奴の顔をここでお話します」と、強い口調で船越批判している。

もちろん、夫の船越と週刊文春がグルになって松居がはめられたのだとしたら、世論を味方につける力の強い、週刊文春側が勝利を収めるだろう。

しかし、今回のメッセージにもあるように、週刊文春の発売まではまだ時間が残されている。

力で劣る松居に残された唯一の反撃手段が今回の告発による先制攻撃だと推測できる。

船越英一郎のノート

出典 ニュース7web

松居の動画によると、船越は2008年に受けた人間ドックで糖尿病と診断され、ずっと治療をすすめて来たものの、「健康食品のイメージキャラクター」を務めているとの理由で拒否していたという。糖尿病は悪化すると、男性の場合は勃起不全などの症状が出るが、船越も「2008年から勃起不全でした」と暴露。

ただ、松居としては「彼を本当に愛してましたので、夫婦生活がなくたって、手を繋いで寝てるだけで幸せでした。彼がそばにいる、それだけで私は嬉しかったんです」と語った。

しかし、そんな状態にも関わらず、松居が見つけてしまった船越のノートには、バイアグラを使用して不倫していることが書かれていたという。

ここで愛が幻想であったことに気付き、さらに友情からも裏切られます。

なんと船越の不倫相手は松居の友人で、ハワイ在住のエステティシャン、夫と子どもがいる女性だという。

浮気相手に関しての詳細はこちら

愛と友情に絶望した後に、なんと財産までもかすめ取られようとしていると松居は主張します。

「(船越と女性は)私の財産を奪い取ろうとしています。それがこのノートです。このノートに、船越英一郎のノートに書いてあったんです」「私は2017年4月22日、もうあまりの辛さに、命を絶とうと思いました。年老いた両親を残して、息子も残して、私は命を絶とうとしたんです」と語っている。

松居一代の騒動をまとめると

船越をはじめとしてホリプロと女性誌の3者の敵が松居をハメようとする。

これに松居は抵抗、週刊文春に告発し反撃を試みる。

しかし週刊文春も松居を裏切り、4対1の状況に陥る。

週刊文春発行までの最後反撃としてYouTubeへ告発動画を上げる。

大手メディアを巻き込んだ壮絶な夫婦喧嘩は今後どのように展開していくのか。

どちらが世論を制し、主張を通すのか。

あなたは誰が本当の事を話していると思うだろうか?

 関連記事

6月29日松居一代が上沼恵美子を訴訟?原因の火野正平モーテル事件と真相は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加