ヒアリが愛知県春日井市で発見。内陸部では2例目

春日井市で攻撃的で強い毒を持つ外来種の蟻であるヒアリが発見されました。

港で発見されることが多いヒアリですが、今回は内陸部で見つかり、全国で2例目となります。

いつ発見されたのか?

「ヒアリ」が愛知県の内陸部の自治体、春日井市で見つかったことがわかりました。

ヒアリによる被害は今のところ報告されていませんが、全国で相次ぐ発見に胸が休まりませんね。

環境省などは7月10日に開かれた会見で、7月6日に愛知県春日井市の倉庫から見つかったアリが強い毒を持つ「ヒアリ」であることを確認したと発表しました。

外来種の「ヒアリ」は先月、兵庫県で国内で初めて確認されて以降、名古屋港や東京港など全国の5か所で見つかっています。

当初、愛知県は「内陸部での発見は国内で初めて」としていたが、その後、兵庫県尼崎市に続く「2例目」と訂正しています。

前回同様に港から運ばれてきたコンテナにヒアリが紛れ込んで、内陸部に運ばれたもよう。

愛知県では以前にもヒアリが発見されていますので、港での検索を潜り抜け出てきてしまったのは点検業者としては痛手でしょうね。

今回、内陸部で見つかった「ヒアリ」は、中国の南沙港を出て香港経由で名古屋港に来た工業製品の資材を積んだコンテナで春日井市の倉庫まで運ばれたとみられています。

現在のところ、女王アリは確認されていないということで、繫殖している可能性は低そうです。

今後、春日井市の対策は?

環境省などは現場周辺に殺虫成分入りのワナを仕掛けるなどして、拡散防止に全力をあげるとしています。

迅速な対応に出ている様子が伺えますね、全国で2例目となる内陸部での発見ですが、人に被害が及ぶ前に何とか食い止めて欲しいと思います。

ちなみにこれまでに国内では3匹のヒアリの女王が発見されています。

大阪南港(大阪市住之江区)で1匹、残りの2匹は兵庫県尼崎市で発見されています。

春日井市では、まだ女王アリや卵が発見されたとの情報はありませんが、どうあれ徹底的な調査と駆除をお願いしたいと思います。

駆除に関しては全国各地でプロフェッショナルが非常に優れた戦績を上げているので信頼できますね。

あとは地域住人に呼びかけを行うなど注意喚起をして、被害者を出さないことが大切です。

もちろんこの記事を読んでいるあなたも、興味本位で現場に行ってみようなんて思わないで下さいね?安全第一です、命を大切にしましょう。

ヒアリ春日井市での発見にネットの声は?

「愛知県春日井市の工場でヒアリ発見か、港で止められなかったか」

「愛知、春日井市でもヒアリ出たんか、従兄弟住んでるし心配だ」

春日井市でヒアリ!ヒィ!どうか被害者が出ませんように…」

「ひぇー!愛知県春日井市でヒアリだと!?」

「 あーそうか春日井市か。刺されても死ぬのものなのかな。ただめっちゃ攻撃的って言ってた」

「ヒアリはどうやって春日井市まで来たのかヒアリングしてみようって呟きが本日の私のナンバーワンでしたw」

現場近くの人からの声も多くあり、事態が伝わっていることには一安心ですね。

ただ、ヒアリは本当に攻撃的な蟻なので油断していると医者の世話なることもあります。

調査が一通り終わるまでは警戒しておいた方が良さそうです。

ヒアリ関連記事

6月18日神戸で強毒を持つ殺人外来種「ヒアリ」(火蟻)を確認 コンテナヤードでも100匹を発見 危険性や対策は?

6月19日毒蟻「ヒアリ」新たな100匹見つかるも女王アリや卵は確認されず、被害はいかに?

6月20日火蟻(ヒアリ)捕獲へ罠450個設置。神戸市調査広がるヒアリ対策、子どもへの呼びかけも

6月22日神戸港にて新たに「アカカミアリ」発見。ヒアリに酷似した毒アリに注意です。 

6月30日火蟻「ヒアリ」の繁殖能力と駆除方法、対策ついて。

7月4日ヒアリの女王アリの死骸が大阪湾で発見。国内繫殖の可能性。

7月6日【動画】ヒアリが東京でも発見。被害や繫殖への対策は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加