マダニにかまれた北海道70代男性の死因「ダニ媒介脳炎」とは?

北の大地、北海道には虫が少ないというイメージがあります。

現にゴキブリは滅多にでないのだそうです。

しかしながら今回の事件の犯人である「マダニ」はお構いなしに1人の男性を死に至らしめました。

一体、男性の身に何が起ったというのでしょうか?

国内で3例目となる感染例

北海道は11日、ウイルスを持ったマダニにかまれて「ダニ媒介脳炎」を発症した道内の70代男性が死亡したと発表しました。

国内での感染確認はいずれも道内で今回が3例目、死者は2人目となります。

道保健福祉部によると、男性は6月中旬に発熱や意識障害などの症状が出たため函館市の病院に入院し、今月7日までに死亡したそうです。

いつどこでマダニにかまれたか、状況は分かっていません。

いつどこで刺されたのかがわからない、知らないうちに感染しているという恐怖はある意味で蜂に刺されるよりも恐ろしいものがありますね。

マダニは刺される前に、正しい知識を持って予防をすることが大切です。

過去の死亡例

道内では2016年8月に40代男性がダニ媒介脳炎を発症して死亡しています。

これが全国初の死亡例となりました。

北海道大の研究チームが今年、札幌市内に生息するアライグマやネズミなどの野生動物84匹の血液を調査したところ、なんと1割を超える10匹がダニ媒介脳炎のウイルスに感染していたことが判明しています。

これは札幌市内で繫殖している証拠であり、ダニ媒介脳炎のウイルスが、マダニから動物へ、動物からマダニへ媒介しながら数を増やしていると見て良いでしょう。

ダニ媒介脳炎とは?

ダニ媒介性脳炎は、マダニ科に属する各種のマダニによって媒介されるフラビウイルス感染症で、終末宿主であるヒトに急性脳炎をおこします。

ダニ媒介性脳炎ウイルスの自然宿主は「げっ歯類」と「ダニ」です。

ダニ媒介性脳炎の予防方法は?

ダニ媒介性脳炎は、日本脳炎と同じ「フラビウイルス属」のウイルスによってひきおこされる感染症です。

蚊によって媒介される日本脳炎と異なり、マダニによって媒介されることが特徴です。

ダニ媒介性脳炎ウイルス群は14 のウイルス種からなるが、このうち8 種類がヒトに病気をおこします。

この8 種類のウイルスに対して有効な予防法としては不活化ワクチンの接種があげられます。

あなたが夏に避暑地として、北海道などでレジャーを楽しむ予定があるなら、予防接種をおすすめします。

マダニとは?

マダニは、クモ綱ダニ目マダニ亜目マダニ科の節足動物の総称です。

ハウスダストに含まれるダニなんかよりずっと大きくて生態も異なる、どちらかと言えば蜘蛛に近い生き物です。

主な住処は山の中の茂みや草むらで、じっと寄生する動物を待っています。

出典 鵬図商事

体長は2mm~3mm程度ほどで、肉眼ではっきりと見えます。

米粒の横幅と同じくらいと思って頂くと想像しやすいでしょうか?

しかしこの大きさはまだ序の口で、驚くのは吸血後の大きさです。

宿主の血をお腹いっぱい吸ってぷくぷくと膨らみ、血の風船と化します。

その体重は100倍以上に増量。

吸血後の全長は1cmを超えるぐらい大きくなります。

【閲覧注意】マダニの吸血比較画像

出典 よぴとれ

マダニの予防法について

マダニが媒介するウイルス感染症「ダニ媒介性脳炎」を予防するためには、マダニに咬まれないようにすることが重要です。(当たり前か)

特に、春から秋はマダニの活動が盛んなので、農作業やレジャーなど森林や草むらや藪などにに入る場合には十分注意しましょう。

具体的な5つの予防法

1.草木にむやみに接触しない
マダニの寄生は基本的に草木を介するものです。

20cm以上の草であればマダニがいる可能性は十分にあります。

そして特に注意なのは「笹」マダニは別称「笹ダニ」と呼ばれるくらい笹ラブですのでご注意ください。

2.動物が通る道には特に注意する
マダニは宿主から吸血し終わって外れた後、ほとんど移動をしません。
つまり日常的に動物が通る道は、マダニが再び待ち構えている可能性が高い場所だと言えます。

3.森林や草むら,藪など,マダニが多く生息する場所に入る場合には,肌の露出を少なくする

長袖・長ズボンを着用し、シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れるましょう。

足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)を履きましょう 。

4.虫除けスプレーを使用する
主に蚊を寄せないために使用されることが多い虫除けスプレーですが、
これに含まれるDEET(ディート)という成分はマダニの忌避剤になることがわかっています。
虫除けスプレーの効果は大体2時間程度が限界と言われているので、定期的に全身に吹きかけてマダニを寄せ付けないようにしましょう。

5.帰宅後は全身をチェック
マダニに刺されても、その唾液に含まれる成分の麻酔効果により自覚がないことがほとんどです。
念には念を入れて、マダニが生息していそうな場所から戻った後は全身を軽くチェックしておきましょう。
発見が早ければ感染症によるリスクを減らすことにもつながります。

夏は薄着でのお出かけも増えますが、マダニの生息地へ赴く際はこの記事を思い出して、身の危険を回避しましょう。

今回、男性の感染者が死亡してしまう事態となりましたが、残された私たちは彼の教訓を無駄にせず、命を繋いでいきましょう。

コード スニペットをコピー

マダニ関連記事

2017年6月25日マダニ媒介のウイルス「SFTS」感染症で90代女性死亡。野外では特に注意を

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加